main_img

Xmas partyのチキン作り その後 !

 

うまく焼き上がったのでしょうか?

 

私の作った丸鶏さん。

 

心配事が一つ

 

肉に火が通ってるかが一番心配です

 

 

家のオーブンはクセがあって、奥の方が先に焼き色がつきます。

 

今回は温めて置いたオーブンに220℃で25分、温度を下げて180℃で40分ほど焼きました。

 

たまにひっくり返したり、様子をみながら焼きました。

 

先に焦げ目をつけてから、じっくり焼いた方がいいような気がします!

 

 

DSC_0020

上手く焼けました

 

 

どうですかこの焼け具合

 

付け合わせの野菜もオリーブオイルを吸ってしんなりしています。

 

一番はしゃいでいる娘

 

手作りウェルカムカードに、お部屋の飾り付け

 

クリスマス パーティの準備に大忙しです。

 

DSC_0028

 

焼いた丸鶏を切り分けるのは、作った私が担当しました。

 

まず、うでのあたりの関節にナイフを入れて取り分け、次に足の部分の関節にもナイフを入れて取り分けます。

 

関節にナイフを入れるのが案外難しくって、苦労しました

 

胴の部分は、ピラフが入っているので少しずつ取り分けました。

 

食した感想は?というと。

 

 

めちゃウマ~

 

 

お肉にもしっかり味が付いていたし、ハーブとレモンの香りがしっかりしていたので

 

ほんとに美味しかったです。

 

普段は、洋風の料理は好んで食べないお父さん(農場長)も気に入って食べてくれました。

 

DSC_0039

ちょっと時間はかかりましたが、手間暇かけた料理はほんとに美味しいですね

 

 

家族と過ごす時間

 

 

特別な日に特別な料理も楽しいですよ

 

 

2015.12.27/ニュース, 日常, 美容にいいレシピ

Xmas party のチキンづくり

 

みなさん、こんにちは

 

雪が降らなくて温かい冬らしくないXmasでしたね

 

雪のないクリスマスもめずらしいのですが

 

こんなめずらしいXmasに我が家でもめずらしく

 

チキンを丸鶏にかえて作ってみました。

 

いつもは、レッグだけ焼くのですが

 

スーパーに買い物に行くと娘が丸鶏のそばから離れずかわいそうになって

買ってしまいました

 

焼くのは私なので大変ですけど

 

子供のためにがんばります。

 

という事でまずは、お肉の下ごしらえから

 

前日準備のはじまりです。

 

お肉全体をキレイに洗って

 

香味野菜を詰めていきます。

 

お腹の中に詰めた野菜は

 

長ネギ・セロリ・レモン・ローズマリー・ローレル・にんにく

 

DSC_0006

お腹に野菜を詰めた丸鶏を塩水に1晩休ませます。

これで前日準備の完了です。

 

次の日・・・・。

 

DSC_0012

 

塩水から取り出すと….。

 

DSC_0013

こんな感じで野菜もヒタヒタになっています。

次にお腹から野菜を取り出し、中に詰めるピラフを作ります。

 

 

お腹の中に詰めるピラフは固めにして、エリンギ・タマネギ・ベーコンを

細かく刻んでコンソメで味付けをしました。

DSC_0010

 

 

ピラフが冷めるまでのあいだ、付け合わせの野菜の準備です!!!

DSC_0014

自家製の 北あかり・人参そしてセロリ・エリンギ・レモン

冷蔵庫とそうだんです冷蔵庫にあるものを使って。

 

 

DSC_0015

ピラフが冷めたらお腹の中に詰めていきます。

 

詰めたあと気付いたのですがちょっとピラフの量が多かったので、お昼ご飯にたべました(笑)

DSC_0017

お腹にピラフを詰め込んで、頭の方とおしりの方をつまようじでとめていきます。

そして、崩れないように足と手のあたりもタコ糸で縛ります。

ここにきて縛るのが怖くなって、ちょっと躊躇してしまいました。

ごめんなさい

 

 

天板の上にクッキングシートをひいて、さっき切っておいた野菜を

ならべます。

DSC_0018

あらかじめ作っておいたオリーブオイル(塩・お好みのハーブなどを混ぜて)を

用意しておきます。

 

DSC_0019

お肉全体にオイルをかけ、残りのオイルを野菜にかけてやいていきます。

美味しく焼けるように願いを込めて

 

さてさて、上手く焼けたのでしょうかご報告は次のブログで~

 

2015.12.26/ニュース, 日常, 美容にいいレシピ

1 44 66
1 40 41 42 43 44 45 46 47 48 66