main_img

美味しいニンジン!

 

冬が近づいてきていますね

 

急に寒くなったり、急に暖かくなったり

 

急な温度の差で体がついていけず、なんだか風邪気味です。

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

この時期は、十分に体を温めて風邪を予防したいものですね。

 

普段から気をつけていても、やっぱり体は正直なので、

 

疲れた時には、やっぱり風邪をひきやすいものです。

 

「風邪気味だし今日は、カロテンが不足しているな~ ! 」なんて言っていると子供たちが

笑って人参を畑から抜いてきてくれます

抜いてきてって遠まわしに子供たちに言っています

DSC_1293

採れたて新鮮な人参は生で食べなきゃ。

 

土がついた抜きたての新鮮な人参。

DSC_1292

土がついた野菜、新鮮な人参が手に入るなんて、農家で良かったと思う瞬間ですね。

 

生で食べたい衝動にかられて、

DSC_1281

皮がついたまま、ゴシゴシと洗って

そのまま、ピーターラビットのようにガリガリっと生で食べちゃいます。

 

これで人参1本分です。

実家の母も「ウサギか馬みたいだ ! 」と私に言います。

 

何もつけなくても人参の甘みがサイコーです

これから越冬用で販売しますが、新鮮な美味しいうちに生で食べるのも

人参ツウですよ

そう、私みたいにガリガリっとじゃなく、上品に野菜スティックでどうぞ(笑)

 

 

 

2015.11.10/ニュース, 今日の谷観光農場

長芋の収穫がはじまりました 1

もう、11月です。

もうすこしで、雪が降る季節となりました。

当農場では、10月に直売所を閉めてからすぐに長芋堀り作業の準備に

とりかかりました。

DSC_1236

 

DSC_1263

長芋の1本1本から伸びているつるは、網をつたって、まるでカーテンの様です。

 

DSC_1264

カーテンのようになったつるは、じょじょに降ろされ、つるしていた鉄柱も抜いていきます。

 

DSC_1251

丁寧に、1本ずつ抜いていきます。

けっこう力が入ります。。。

場所によっては、1Kの芋に対して3キロもの土がつく事も

 

DSC_1254

そして、旧大野町特有の黒土と粘土つちが芋からなかなか離れません。

これもまた、手がかかります。

1日の作業になると、腰が悲鳴をあげています(笑)

 

こんなに手間ひまかけた長芋

美味しくないはずがありません。

 

しかも、収穫してからまた手がかかるんですよ

手作業で1本ずつキレイに土を落としていきます。

 

農場長いわく、「今年も何回、芋をなでたんだべか~。」

 

DSC_1258)

40年近く長芋農家をしている自慢の長芋です

粘りがちがいます

愛情がこもった谷観光農場の長芋です。

 

2015.11.05/ニュース, 今日の谷観光農場

1 42 60
1 38 39 40 41 42 43 44 45 46 60