main_img

料理人交流会に参加

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

ベジフルビューティーセルフアドバイザーの谷 まゆ子です。

 

5月だというのに、暑い日が続きました。

 

北海道の帯広では、チューリップが熱風でドライフラワーになって

枯れている光景がニュースでながれ、

北海道の佐呂間では、39.0度を記録し5月の最高気温を更新しました

気温の変化が激しいですね。

さて先日、中小企業同友会函館支部 AP北海道の料理人交流会に参加させていただきました。

 

生産者と料理人をつなぐこの交流会では、生産者が野菜を持ち寄り

料理人が創意工夫をして、野菜の可能性を広げる会でもあります。

 

今回の交流会は、函館市五稜郭町にあります炭火割烹菊川さんで行われました。

DSC_4502

料理長の菊池さんは、「調理技能コンクール 日本調理の部」

で北海道知事賞を受賞した優秀な料理人さん。

育てた野菜がどんなふうに調理されるのかとてもワクワクしましたDSC_4477

お品書きも野菜をふんだんに使って作られています。

DSC_4481

前菜の七種盛り

こちらの皿では、当農場の長芋とラディッシュが使用されました。

見た目もきれいです。

DSC_4482

御椀は、蕪の擂り流し

口の中に蕪の優しい味が広がっていきます。

DSC_4485

お造りは、しめ鯖に

我が家のたたき長芋がのっていました。

DSC_4487

APの仲間の生産者さんが作った

アスパラやメークイン、南瓜がグリルされ素材の味を生かした

一品です。

チーズ味噌が特に美味しかったです!

DSC_4488

温物は、クレソンとレタスのしゃぶしゃぶ。

ルバーブがアクセントになって、汁まで美味しいです。

DSC_4490

揚げ物は、アスパラとメークインの揚げ物。

もう、この時点でお腹がいっぱいになっていました(笑)

DSC_4492

〆のご飯は、お寿司3種

DSC_4495

一口そばは、ゴマが薫るゴマそば

DSC_4497

最後のデザートは、カボチャのジェラートと

DSC_4498

蕪のワイン漬け

DSC_4501

食事のあとは、料理人と生産者の意見交換。

全国の食材を視野にいれていたが道南の食材のポテンシャルの高さに驚いたとの料理人さんの声を聴くことができました。

 

95%の食材があれば、残りの5%を料理人が足して、

お客様に100%で提供することができるといった活発な意見交換がなされました。

こういった料理人と生産者をつなぐ交流会は、野菜を作る私たちの強い思いがダイレクトに伝わる貴重な場です。

 

今後ともこういう場があれば積極的に参加して、様々な情報の共有や料理人との交流を深めていけたら思っています。

2019.05.31/グルメレポート, ニュース, ベジフルビューティーセ ルフアドバイザー

令和元年 最初の日

 

皆さん10連休は、いかがお過ごしですか?

 

長期休日を満喫されている方も多いのではないでしょうか?

 

今日から「令和元年」のはじまり

新時代の幕開けでございます

 

令和元年の最初の朝は、八郎沼公園へ行ってきました。

DSC_4359

朝の6時半過ぎ

雨がパラパラと降っていて、もの静かな公園の中では

沼の水面に浮かんでいるカモの鳴き声と羽ばたく羽音が公園内に、

響いておりました。

DSC_4362

春の訪れを知らせてくれる水芭蕉もまだ花をつけてくれています。

DSC_4364

白い可憐な妖精ですね。

DSC_4361

令和の最初の日に、八郎沼の桜が見たくなりました。

 

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が育つ」

「梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる」

 

私たちが希望を胸に一人ひとり花を咲かせることができる日本でありたいですね。

 

 

 

2019.05.01/ニュース

1 3 60
1 2 3 4 5 6 7 60